HOME>アーカイブ>転職して自分に合った職場で働く【麻酔科医として大いに活躍しよう】

麻酔科医の仕事内容

麻酔科医の主な仕事というと、手術中に患者の全身の管理を行い、患者のその時の状況に合わせて適切な量の鎮痛剤や、麻酔薬を投与し、患者の負担をなるべく軽減し、より安全・快適に手術を受けられるようにすることです。

病院勤務とフリーランスの違い

正社員のサラリーマンに近い病院勤務

常勤医の場合、特定の病院と雇用契約を結んでいます。一般的に週に四日勤務で月に1・2度ほど当直があるといった形がおおいです。職業柄、長時間労働になりがちと言えます。

自由度の高いフリーランス

一般的なアルバイトに近い感覚で、複数の病院と契約を結び、常勤医などの勤務日数の縛りなどもなく、比較的自由な雇用形態で勤務することができます。

転職して自分に合った職場で働く【麻酔科医として大いに活躍しよう】

手袋

キャリアエージェントに相談することが大切

麻酔科医が転職を考える際、コネでもあれば別ですが、そうでない場合は、どの病院が自分にあっているかを1から探すということは一苦労です。そんなときに心強い味方になってくれるのが、キャリアエージェントです。キャリアエージェントは多数の病院の求人情報を握っており、自分と病院双方のメリットになるような求人情報を探してくれます。

転職をするメリット

手術室

給与アップにつながる

現在の職場での給与が頭打ちで更に上を目指したいと思ったら、より与おい条件のところに移る事が手っ取り早い打開策となります。

希望の勤務地を探せる

引っ越しなどで勤務先が遠くなってしまった場合、新居に近い職場を探すことで、長距離通勤の日々のストレスが格段に減ります。

やりがいのある仕事が見つけられる

現在の仕事が自分の求めていた分野とは違うといったときに、これからのキャリアアップを考えるなら早いうちの転職が有効です。

自分にあった条件の仕事を探せる

常勤をやめて、非常勤でゆったりとした生活に立て直したいといった場合なども、自分の理想にあった勤務体系の仕事を探すことができます。